TOP

地方での就職や転職のリアルな悩み!具体的な解決法は?

Pocket

都会から地方への就職や転勤、または、地方から都会への就職や転勤となると、生活環境ががらりと変化することで、不安やストレスを感じてしまう人もいるかもしれません。新天地で心機一転がんばるためにも、心の準備と働く環境を整えることが大切です。そこで今回は地方での就職や転職の悩み、もしくは地方から就職・転職の悩みについて対策を紹介します。

パートナーの転勤や引っ越しで地方から出てきた場合

結婚している相手が転勤のある職場の場合、ある日いきなり見知らぬ土地に転勤が決まることがあります。都会から地方に転勤することもあれば、逆に地方から都会に転勤が決まることもあるでしょう。この場合、就職活動や転職活動のための事前準備が全くできないこともあります。また、地方から首都圏に出る場合、引っ越し前の就職・転職活動は、滞在費などが多くかかってしまう傾向があります。まずは引っ越し先周辺の住環境に慣れることを優先し、落ち着いたら就職活動を始めましょう。引っ越し先の環境に慣れてから就職・転職サイトを使って調べて、自分の労働環境にあう職場を見つけるようにすると安心です。

離婚や親の介護のため地方へ引っ越した場合

離婚のため地元に戻ってきた場合、子どもの有無、親との同居の有無などによっても就職先に対する要望が異なります。都会から地方へ引っ越した場合は、これまでの給料と比較して転職先の給料が低くなる可能性も考えなくてはなりません。また、給料以上に職場への距離や休みのとりやすさ、夜勤の有無など、勤務条件を慎重に選ぶことが大切です。希望する条件をきちんと提示した上で、シングルに理解があり、無理なく生活できる職場を選ぶようにしましょう。
親の介護で地方に戻ってくることを考えている人は、まずは生活の基盤づくりとなる就職先、転職先を見つけるのが先決です。先に会社を辞めてから就職先を決めようとするのは、万が一、就職できなかった場合に収入が無くなり、介護もままならない状態になりかねません。まずは自分自身の生活の基盤づくりをしっかりと行いましょう。在職中から転職サイトをチェックして再就職先を決め、就職が決まってから辞職するようにします。再就職先にはいつ頃から働けるかをしっかり伝えておくことも大切です。

出産を機に一軒家・マンションを購入して引っ越した場合

妊娠や出産を機に家を建てたりマンションを購入したりする場合、通勤時間が重要になります。特に子どもが小さいうちは、子どものけがや病気、学校行事などで休みを取らなければならない機会も多くなります。何かあったとき、すぐに駆け付けることのできる距離の職場を選ぶようにしましょう。また、子どもの休みや学校行事にあわせて休みが取れるかどうかも事前に確認しておきましょう。子育てに理解のある職場を選ぶことが大切です。

これからのライフスタイルにあった職場を選ぼう

就職や転職は人生の大きな転機です。住み慣れた土地を離れて見知らぬ土地に行ったり、これまでの職場環境を変えたりすることに大きな不安を抱える人も少なくないでしょう。こうした不安は、不安なまま抱え込むのではなく、しっかりと相談することが大切です。ひとつひとつの不安を解消して安心して新しい環境で働くことを目指しましょう。まずはお気軽に相談してください。