TOP

将来を考え始めた看護師の悩み!キャリアアップか他業種へ転職か

Pocket

看護師として働いてきたけれど出産育児・介護など家庭状況が変わる人、腰痛など体を痛めた人は今後の働き方をどうしようかと悩んでいるのではないでしょうか。看護学校を卒業する人などは将来のイメージがつきにくいかもしれません。今回は、看護師ならではの働き方の悩みを解決できる方法を紹介していきます。

よくある看護師ならではの将来に対する悩みごと

「白衣の天使」というイメージが強い看護師の仕事内容は、働く場所によっては大変な激務です。救急対応のある病院で働く看護師の場合、緊急の呼び出しに対応する必要があったり、夜勤など緊張の連続で疲労困憊したりということがまず挙げられます。自由が利かない重い体の患者さんの移動介助などで腰・膝や手の関節を痛めてしまっても、責任感から仕事を休めず辛い思いをしている人も多いことでしょう。また、大規模病院で看護師の数も多く派閥があって働きにくい、女性が多い職場で人間関係が上手くいかないなどの悩みが多いのも特徴です。
そのような職場で働いている時に出産育児・介護など家庭環境が変わる出来事が起こると、今の職場で働き続けていけるのか真剣に検討し、次のステップに進む看護師も少なくありません。これから看護師になるという人は、どんな職場であれば自分が仕事を続けていけるのか十分に検討したいところです。

看護師の仕事を続けたい人は

今働いている病院では看護師として昇進を望めない、あるいは責任の重い看護師長などになりたくないけれど看護師は続けたいという人は、病院以外の職場に目を向けてみてはいかがでしょう。例えば、保育園や高齢者施設などです。一般企業内の施設や健康診断センター内の看護師として働く選択肢もあります。それらの施設であれば、自分の希望に合う働き方ができる可能性が高くなるでしょう。それに、病院勤務のような緊急の呼び出しは滅多になく、日勤のみの職場であれば規則的な生活リズムを保つことも可能です。
普段は元気な子供や会社員、状態の安定している高齢者が相手であれば、常に人の生死にかかわる緊張感から解放されます。実際に働いてみて職場の雰囲気を把握してから雇用契約をしたいという人は、派遣で働いてみても良いでしょう。

他業種への転職を考えている人は

自分の心身状況や家庭の状況によっては、他業種への転職を検討している看護師もいることでしょう。実際に看護師から一般事務職や洋服の販売員などに転職した人は、たくさんいます。転職した人から多く聞かれるのが、不規則なシフト勤務や重たい患者さんを移動させる業務などがなくなり、健康になって良かったという感想です。しかし、給料の額は看護師に比べて低くなってしまう例が多いのが実情です。経済的な理由などで看護師に復職したくても、仕事をこなせるか心配で踏み切れないという人も多いです。そのような場合は、派遣看護師として短時間勤務から始めてみてはいかがでしょう。「小さな手」では、さまざまな希望に対応できる職場を紹介しているので気軽に相談してみてください。