TOP

高齢者の就職・転職時の悩み50代・60代でも活躍できるのか?

Pocket

高齢者で、再就職や定年後のキャリアについて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。しばらく仕事をしていなかったけれど、再就職しなければならなくなった。仕事をして社会の役に立ちたくなったなど理由はさまざまでしょう。高齢者が一歩前に踏み出せるように、シニア就職サイトに多く寄せられる悩みとその回答、また高齢者に人気の仕事を紹介します。

シニア就職サイトにはどんな悩みが寄せられる?

多くの高齢者が再就職は簡単にできるのかという悩みを抱えています。高齢者は雇ってもらい辛いのではないか、そもそも高齢者を採用してくれるのかなど、いずれも自分たち高齢者に仕事があるのかということが高齢者にとっての不安要素となっています。
この悩みに対しての回答は、「自分から積極的に動けば必ず仕事が見つかる」です。現役時代に高いキャリアを積んだ人でなくても、今まで働いてきた経験や人脈は利用できます。全く新しい分野の仕事に就きたいという場合でも、シルバー人材センターやハローワークなどで真剣に職探しをすることが大切です。まずは自分に合った仕事は何かということを考え、できる範囲で積極的に活動してみましょう。高齢者の武器は「豊富な経験値」なので、必ず必要としてくれる仕事が見つかるはずです。

高齢者向けの仕事にはどのようなものがあるか?

高齢者に人気の仕事として、マンション・ビルの管理人や警備員が挙げられます。他の仕事と比べて体力を使わない仕事なので、希望する高齢者が多いようです。それとは逆に、健康のために体を軽く動かしながら働きたいという高齢者には、包装や仕分けをする軽作業が人気です。他に、事務作業・入力作業も注目されています。サラリーマン時代に経験し、スキルを持っているので、すぐに活躍できるという理由が中心となっています。いずれも仕事には向き不向きがありますので、ハローワークや転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

シニア向け就職サイトを利用しよう。

高齢者の再就職には、自分から積極的に仕事を探す、自分に向いている仕事を探すということが大切です。現役時代に培ったキャリアや経験を活かして就職する場合でも、新しい仕事にチャレンジする場合でも、自分から行動しなければ理想の職に就くことは難しいでしょう。ハローワークや転職エージェントに相談して自分に合った仕事を探しましょう。
また、シニア向けの就職サイトを利用することも方法の1つです。在宅で利用できるので体力的にも楽ですし、高齢者から寄せられた相談が多く掲載されているので、悩みを共有したり、今後の対策を立てたりすることができます。医療系などひとつの分野に特化した就職サイトもありますので、自分が探している分野の仕事を見つけるのに役立てることができるのではないでしょうか。
積極的に就職サイトを利用して、理想の仕事を見つけましょう。